1通のメール

日記

昼の仕事が終わり、次の仕事に向かう途中に彼女から1通メールが入っていた。

「なんか・・・・気分が悪い・・・」

(どうしたんだろ?普段そんな事急に言わないのに・・・)

ただ事ではないと思った私は慌てて電話をした。

「もしもし、大丈夫?何かあった?」

「ううん・・・なんでもない・・・」

私は声色で一瞬に何かあったと理解した。

「何もないわけないやん!どうしたの?」

「うん・・・」「実はね・・・」

彼女は重く口を開いてくれた。

「噂で聞いたんだけど、私が嫌いだから仕事場に来れないって人がいるの。どちらかというと私達が被害者なのに・・・」

私は一瞬で状況を理解した。その人は噂を流す可能性もあると考えているからだ。

「ほっとき!気にしたらあかんよ!無視しよ。無視。」

私は落ち着いた感じで話をしてはいたが、心の中では怒りが爆発しそうだった。

(許せない・・・。こんな目に合わせるなんて・・・。)

今も怒りがおさまらない。すぐに言って抱きしめて上げたいけど、彼女も仕事があるから頑張ると言っている。終わったらすぐに逢いに言って抱きしめてあげよう。

もう少しで今日の仕事が終わる。苛立ちと不安が残ったまま次の仕事に行かないといけない。

終わったらすぐに帰ろうと思う。何か買ってあげよう・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました