失望

日記

窓から光が差して今日も朝6時に目が覚める。

(今日も1日が始まった・・・)

そう思いながら重たい身体をゆっくりと起こした。ここ何日か上司からの圧力にやられる毎日が続いている。助けを求めてもこの職場に助けてくれる人はいない。私自身が何とかしないと圧力に押し潰されそうになる。

(何やってるんだろうな〜。毎日毎日。)

彼女にも辞表を書いて置いておくと言いながら、疲れ果てて書く事すらもままならない自分がいた。

毎日会えるわけじゃないから彼女にメールで支えてもらっている。少しずつ元気になっている彼女を見ると、彼女の方の問題は彼女自身が解決したような感じがした。私も相談役に少しはなれたのかもしれない。

ここ何日かは全て投げやりになっている気がする。

どうせ何か言われる。

どうせ否定される。

このような思いがすぐに頭を駆け巡る。仕事場では1人2人の話ではない。全員が話を聞いていない。

昨日は大事な話し合いがあった為、社長と2人きりになった。何か言われるだろうと思っていたら、意外に優しい1面を見せてきた。この職場の飴と鞭である。

私は呆れて溜息をついた・・・。

(高校生じゃないんだから・・・。)

そう思いながら社長の話を聞いていた。話が終わる頃にはいつも誰もいない。社長が帰った後は私が1人職場の戸締りをする。毎朝誰よりも早く来て、誰よりも遅く帰宅する。そんな毎日を過ごしていた。

「そろそろ疲れてきたな・・・。」

1人で呟く・・・。

彼女がいるから生きている。生かされているような感じがする。

私は幽霊や占い、オーラや気功など目に見えないものは全く信じないが、彼女といる時は何かを感じる。まるで運気を分けてもらっているかのような気になる。

彼女といると良い事が多いのは間違いない。特に関係を持った次の日は本当に1日の運気が良いと感じる事が多い。

私は彼女にマイナスの運気を与えていないか心配になる。今のところは大丈夫な気もするが・・・。

昨日は彼女がテニスをしていて肉離れをしたと聞いた。これも私が関わっているかもしれない。

気持ちの移動で彼女にも影響を及ぼすのではないかと毎日考えている。少しでも明るくいようと考えてはいるが、そう簡単に現実は上手くいかない。

今日はゆっくりと1日が始まる。もう認めて欲しいと願う人生は辞めにしたい。私は彼女にさえ認めてもらえたらそれでいい・・・。今からは自分で行動を起こさないと先がないと私は思う。

彼女の為にも、自分の為にも・・・。しっかりとしていこう。

次回へ続く。


日記・雑談ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました